«

»

1世帯あたりの年間ソース購入量(2012-14)

 以前、「1世帯あたりの年間ソース購入量」というエントリ、を書いた。
 今回はその続編。

 総務省統計局「家計調査(二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング」のソースをピックアップした。
 前回は2005(平成17)年~2007(平成19)年の平均だったが、今回は2012(平成24)年~2014(平成26)年の平均。7年の開きがある。
 
 ランキングは県庁所在地、政令指定都市別のランキングになっていて、金額ベース、数量ベースの2種類のランキングがある。
 

金額(円) 数量(ml)
全国 715 全国 1,529
1位 広島市 1,182 広島市 2,723
2位 岡山市 1,008 神戸市 2,302
3位 神戸市 984 堺市 2,284
4位 堺市 952 徳島市 2,246
5位 京都市 906 岡山市 2,164
6位 徳島市 905 奈良市 2,034
7位 松山市 883 京都市 1,988
8位 大阪市 861 大阪市 1,951
9位 高知市 854 大津市 1,866
10位 奈良市 836 高松市 1,759
11位 鳥取市 834 松山市 1,751
12位 大津市 814 和歌山市 1,746
13位 山口市 812 岐阜市 1,727
14位 高松市 764 山口市 1,707
15位 名古屋市 742 高知市 1,703
16位 浜松市 734 鳥取市 1,679
17位 岐阜市 724 青森市 1,627
18位 和歌山市 719 浜松市 1,617
19位 松江市 716 富山市 1,513
20位 静岡市 708 山形市 1,465
21位 横浜市 697 名古屋市 1,453
22位 川崎市 695 静岡市 1,451
23位 長崎市 682 川崎市 1,431
24位 山形市 676 長崎市 1,424
25位 甲府市 669 津市 1,411
26位 福岡市 667 福井市 1,346
27位 鹿児島市 664 宇都宮市 1,333
28位 富山市 660 前橋市 1,326
29位 宇都宮市 649 横浜市 1,319
30位 東京都区部 645 福岡市 1,304
31位 青森市 638 さいたま市 1,299
32位 千葉市 637 北九州市 1,297
33位 津市 635 熊本市 1,288
34位 さいたま市 619 甲府市 1,282
35位 宮崎市 614 鹿児島市 1,275
36位 大分市 598 千葉市 1,268
37位 福井市 597 大分市 1,248
38位 北九州市 595 秋田市 1,238
39位 熊本市 594 松江市 1,238
40位 仙台市 592 佐賀市 1,229
41位 佐賀市 583 東京都区部 1,219
42位 秋田市 577 宮崎市 1,219
43位 新潟市 569 札幌市 1,150
44位 福島市 567 金沢市 1,135
45位 札幌市 563 長野市 1,130
46位 長野市 561 仙台市 1,117
47位 金沢市 556 福島市 1,117
48位 前橋市 535 新潟市 1,082
49位 盛岡市 522 盛岡市 1,018
50位 那覇市 507 水戸市 995
51位 水戸市 484 那覇市 858

 
 前回の調査では政令指定都市ではなかった都市も加わってる。
 堺市もその1つ。
 堺市は大阪市に南接する都市。
 
 前回同様、関西の都市は色を変えた。
 よく考えたらここに大津市(滋賀県)を入れるかどうかは検討してもよかったかもしれない。実際、滋賀は関西なのかそうでないのか。難しいところだなあ。
 
 結果は前回同様、中国・四国がトップ、関西がその次くらいだろうか。
 というか、中国・四国・関西がソースの消費ではトップ集団、という結論でいいのだろう。
 
 意外だったのは前回金額ベースで3位、数量ベースでトップだった徳島市が金額ベースで6位、数量ベースで4位になったこと。その徳島市に替わって広島市が金額ベースだけではなく数量ベースでもトップになった。
 広島市は金額の数値は下がり数量値は上がっているので、広島のソースは若干値下がりしたのだろうか。
 
 あまり個別に見ていくつもりもないけれど、下位では前回金額44位・数量34位の水戸市(茨城県)が今回は金額51位・数量50位に落ちたこと。
 特に前回圧倒的に少なく金額・数量共に最下位だった沖縄市を金額ベースで下回ったのは驚きだった。
 
 水戸市でソースを忌避するような、何か大きな現象でも起こったのだろうか。
 
 まあ、下位になると数値そのものがかなり僅差で、そういう議論をしても仕方ない部分はあるけれど。
 
 いずれにせよ中国・四国・関西がソースの大消費地だという事実はなかなか動くことはないようだ。